Google、オフラインで共有しアプリを安全にインストールする機能をベータ提供

2018年10月22日 23:01

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless曰く、 Googleは19日、Google Playから入手したAndroidアプリのAPKファイルをオフラインでピアツーピア共有し、安全なインストールを可能にする機能のベータ版提供開始を発表した(Android Developers Blog9to5GoogleVentureBeat)。

 Googleは6月からGoogle Playで公開されるアプリのAPKファイルにセキュリティ関連メタデータの追加を開始しており、このデータを使用して正規のAPKファイルであることを確認する。この機能を利用するにはGoogle Playが認めたピアツーピアアプリが必要となり、当初対応するのは「SHAREit」のみとなっているが、今後数週間のうちに「Files Go by Google」や「Xender」でも利用可能になるとのこと。

 通信コストの高い地域や通信速度の遅い地域ではAPKファイルを共有してアプリをインストールするといったことがよく行われている。ユーザーはこのサービスを利用することで安全な共有が可能になるだけでなく、アプリがGoogle Playのライブラリーに追加されるため、アップデートを受け取ることも可能だ。

 開発者にとってはGoogle Playで認証された新たなアプリ配布手段が追加されることになり、ユーザー数の増加も期待できる。変更はGoogle Play側ですべて行われるため、開発者側での対応は必要ない。

 スラドのコメントを読む | モバイルセクション | セキュリティ | ソフトウェア | デベロッパー | Android | 携帯通信

 関連ストーリー:
Google Playで公開されるアプリのAPKファイル、セキュリティ関連メタデータの追加が始まる 2018年06月23日
検出能力の低いセキュリティアプリが多数のマルウェアを検出できる理由とは? 2018年04月01日
Google Playで新規公開/更新するアプリ、最新APIをターゲットにすることが必須に 2017年12月23日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleAndroidセキュリティGoogle Play

「iOS / android アプリ」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース