人型ロボットPepper法人モデル、企業は契約の更改に消極的

2018年10月16日 23:19

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 2015年から一般販売が開始されたソフトバンクの人型ロボット「Pepper」は同年10月より法人向けの提供も開始されている。法人向けには3年契約が基本とのことで、契約期間が満了するPepperが現れてきているそうなのだが、日経xTECHがPepperを導入している企業に問い合わせたところ、返答があった27社のうち契約を更新すると答えた企業は4社のみで、9社が更新しない、13社が未定と答えたという。また、1社は途中解約していたようだ(日経xTECH)。また、2015年に契約した11社で更新することを決めている企業はないという。

 更新しない理由としては「コスト」「効果(機能)」「故障」があげられている。

 スラドのコメントを読む | ビジネス | ロボット

 関連ストーリー:
Pepperが読経するロボット葬儀サービス 2017年08月30日
ブルームバーグ曰く、ソフトバンクのPepperは「面白いが実用的ではない」、失敗の原因はソフトバンク側のマネージメントにある? 2016年11月03日
ソフトバンク店頭に配備されていたロボット店員「Pepper」、客に暴行される 2015年09月08日
ソフトバンクのロボット「Pepper」、一般販売開始 2015年06月19日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードソフトバンクペッパー(Pepper)

「ロボット・人工知能(AI)」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース