川崎重工、Ninja ZX-6Rをモデルチェンジ 10月上旬から順次発売

2018年10月13日 15:07

小

中

大

印刷

Ninja ZX-6R ABS。(画像:川崎重工業発表資料より)

Ninja ZX-6R ABS。(画像:川崎重工業発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • Ninja ZX-6R ABS

 川崎重工業は、600ccクラスのスーパースポーツモデル「Ninja ZX-6R ABS/Ninja ZX-6R」をモデルチェンジし、2019年モデルとして、10月上旬より導入国で順次発売すると発表した。

【こちらも】川崎重工、「Ninja H2」などをモデルチェンジ

 「Ninja ZX-6R」は、600ccクラスのスーパースポーツモデルの幅広いユーザー向けに開発されたモデルである。

 エンジンは同クラス帯の一般的なスーパースポーツモデルに比べ37cm3のアドバンテージを持つ636cm3水冷4ストローク並列4気筒エンジン。強力な体中回転域のトルクを実現し、市街地でのライディングや高速道路での追い越しなどでの扱いやすさが高い。なお、欧州の排ガス規制ユーロ4に対応している。

 タイヤはブリジストン社の最新モデル、BATTLAX HYPERSPORT S22を使用。

 外観の面では、フロントとテールのカウルデザインが一新された。Ninjaのデザインテーマであるパワフルさとセクシーさにシャープでエッジの効いたボディラインを組み合わせて、一目でNinja ZX-6Rと分かる個性と特徴のある外観を作り出している。フロントカウルとスクリーンは優れた防風機能を備え、ヘッドライトとテールランプにはLEDを採用。

 カラーリングは、「ライムグリーン×エボニー×メタリックグラファイトグレー」、「メタリックスパークブラック×メタリックフラットスパークブラック」、「パールストームグレー×メタリックフラットスパークブラック」の3種類。

 なお、過去のNinja ZX-6Rには日本での販売がなく逆輸入しか公道走行手段がないものもあったが、今回の2019年モデルの導入国には日本も含まれている。導入国は、欧州、アメリカ、カナダ、オーストラリア、日本、インドネシア、タイ、フィリピンなどである。(藤沢文太)

関連キーワード川崎重工業

「自動車・バイク新製品」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース