京王線がハローキティとコラボ! サンリオキャラのフルラッピングトレイン登場

2018年10月12日 18:30

小

中

大

印刷

サンリオキャラクターのフルラッピングトレインのイメージ(画像: 京王電鉄の発表資料より) (c) 1976, 2009 SANRIO CO., LTD. ©1976, 1988, 1989, 1993, 1996, 2001, 2018 SANRIO CO., LTD.

サンリオキャラクターのフルラッピングトレインのイメージ(画像: 京王電鉄の発表資料より) (c) 1976, 2009 SANRIO CO., LTD. ©1976, 1988, 1989, 1993, 1996, 2001, 2018 SANRIO CO., LTD.[写真拡大]

写真の拡大

  • サンリオキャラクターのフルラッピングトレインのイメージ(画像: 京王電鉄の発表資料より) (c) 1976, 2009 SANRIO CO., LTD. ©1976, 1988, 1989, 1993, 1996, 2001, 2018 SANRIO CO., LTD.
  • サンリオキャラクターのフルラッピングトレインのイメージ(画像: 京王電鉄の発表資料より) (c) 1976, 2009 SANRIO CO., LTD. ©1976, 1988, 1989, 1993, 1996, 2001, 2018 SANRIO CO., LTD.

 11月1日より京王電鉄・京王線に特別なフルラッピングトレインが運行を開始する。キャラクターは、サンリオ代表格のハローキティだ。

【こちらも】少子・高齢化時代に備える鉄道各社のあの手この手(上)

 「11月1日」という日付はハローキティ、そして京王線が通る多摩市にとって特別な日である。多摩市市制記念日とハローキティの誕生日が11月1日ということもあり、まさにダブル誕生日というわけだ。

 特別なフルラッピングトレインにはハローキティだけでなくサンリオで人気のキャラクターが多く描かれている。バッドばつ丸、ポムポムプリン、マイメロディなどだ。サンリオの中でも特に人気が高いキャラクターを一度に目にすることができる。

 サンリオのキャラクターテーマパークである「サンリオピューロランド」は京王多摩センター駅が最寄りだ。加えて、ハローキティは2016年7月から京王多摩センター駅の名誉駅長に就任しており、これまでにも様々なコラボレーションを行っている。その一環として京王多摩センター駅はハローキティ以外にも多数のキャラクターの姿を見ることができる。例えば駅の壁、ベンチ、案内板などだ。何といっても改札前の天井に描かれたキャラクターが目を引く。

 ハローキティの人気は国内だけに留まらず海外でも高い知名度を持つ。例えばアメリカではハローキティカフェがあり、幅広い年齢層に受け入れられている。今回のコラボレーションには、サンリオの世界観を海外観光客にも知ってもらおうという試みも感じられる。

 京王線は新宿駅を有しており、海外の観光客の対応が必要とされるエリアだ。そのため京王線では接客指さし会話シートを使用した海外観光客への取り組みを行っている。これは海外旅行者に向けて制作されたもので、コミュニケーションを単純化するために役立つツールだ。

 具体的には言葉が分からなくとも、簡単な絵や説明文を指さすことで意思相通を図るものである。海外からの観光客が多いエリアでの活躍が期待される。海外でも認知度の高いハローキティのラッピング列車は、こういった外国人旅行客からも注目を集めることだろう。

 京王線のフルラッピングトレインは今回が3編成目。使用されるのは京王線全線のほか都営新宿線にも乗り入れている9000系車両10両1編成となる。

関連キーワードコラボレーションサンリオハローキティポムポムプリン京王電鉄

「運輸・物流・鉄道」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース