【株式市場】52週移動平均など意識され主力株の一角が強く日経平均は大きく持ち直し下げ渋る

2018年10月12日 13:06

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

◆日経平均は2万2488円86銭(102円00銭安)、TOPIXは1692.43(9.43ポイント安)、出来高概算(東証1部)はミニSQ算出分が加わり8億3093万株

■新規上場のイーソルは買い気配のまま公開価格の70%高

 10月12日(金)前場の東京株式市場は、NYダウが2日続けて大幅安となり、株価指数の先物が先行安し、日経平均も連日大幅安の267円43銭安(2万2323円43銭)で始まった。しかし、トヨタ自動車<7203>(東1)やファナック<6954>(東1)が程なく堅調に転じるなど主力株の一角が強く、日経平均も9時30分頃には28円70銭安(2万2562円16銭)まで回復した。3年近く右肩上がりを続けている52週移動平均の水準まで下げてきたため、指数ベースで資金運用するファンドなどから広範な買いが入ったとの見方があった。日経平均の前引けは102円00銭安(2万2488円86銭)。東証2部指数、マザーズ指数、日経JASDAQ平均は高い。

 12日、新規上場となったDelta-FlyPharma(デルタフライファーマ)<4598>(東マ・売買単位100株)は、9時18分に公開価格4770円を8%下回る4385円で初値がつき、上値を追いながら4840円まで上げ、前引けは4715円。イーソル(eSOL)<4420>(東マ・売買単位100株)は、買い気配のまま初値がつかず、公開価格1680円を70%上回る2856円となった。

 東証1部の出来高概算はミニSQ算出分が1.5億株前後加わったとされ8億3093万株、売買代金は1兆6290億円。1部上場2109銘柄のうち、値上がり銘柄数は969銘柄、値下がり銘柄数は1050銘柄となった。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【業績でみる株価】FCMは18年3月期大幅増収増益・増配予想で再増額の可能性(2018/02/20)
【株式評論家の視点】日本システム技術は第3四半期営業黒字転換、昨年9月の下値圏に届き値ごろ感(2018/02/08)
カチタスはニトリの家具・インテリア付き中古住宅の販売に期待感、2600円どころが下値圏(2018/02/13)
【編集長の視点】BEENOSは1Q流通総額の高進捗率を手掛かりに売られ過ぎの訂正買いが拡大し続急伸(2018/02/19)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース