後場の日経平均は57円安でスタート、保険業、陸運業、銀行業がさえない

2018年10月12日 12:50

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;22533.62;-57.24TOPIX;1695.86;-6.00

[後場寄り付き概況]

 後場の日経平均は22533.62円と前引け値(22488.86円)から下げ幅を縮小して取引を開始している。ランチタイムの225先物は22450-22550円のレンジで推移したことから、こちらの水準にサヤ寄せする格好に。アジア株の下げ止まりのほか、円高一服や週末を控えた買い戻しの動きが、足元で年初来安値更新銘柄が多く散見されていたハイテク株に対してみられている。これらの銘柄が下げ幅を縮小しており、日経平均は寄付直後から一段と下げ幅を縮めてきている。

 セクターでは、保険業、陸運業、銀行業がさえない一方で、機械、金属製品、情報・通信は堅調。売買代金上位では、ファーストリテイリング<9983>、ソニー<6758>、三菱UFJ<8306>が軟調な一方で、ソフトバンクG<9984>、任天堂<7974>、ファナック<6954>は堅調。《HH》

「東京株式市場」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース