(中国)上海総合指数は売り先行もプラス圏回復、買い戻しが優勢

2018年10月12日 10:47

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:47JST (中国)上海総合指数は売り先行もプラス圏回復、買い戻しが優勢
12日の上海総合指数は売り先行。前日比0.36%安の2574.04ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時41分現在、0.15%高の2587.32ptで推移している。上海総合指数はきのう11日、約4年ぶりの安値水準まで落ち込んでおり、値ごろ感から買い戻しが優勢になっている。ただ、指数の上値は重い。米中対立の激化懸念が引き続き指数の足かせになっている。《AN》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • ロッテリア クラシック チリミート。(画像:ロッテリア発表資料より)
  • 渋谷パルコのイメージ(竹中工務店提供、パルコ発表資料より)
  • プロキシマケンタウリを周回するプロキシマケンタウリbのイメージ図。(c) ESO/M. Kornmesser
  • 黄金チーズと贅沢4種ハムのピザ。(画像:フォーシーズ発表資料より)
  • 「マツダ ロードスター RF」(画像: マツダの発表資料より)
  • 日野セレガ スーパーハイデッカ。(画像:日野自動車発表資料より)
  • ボーイング777F型機(画像: 全日本空輸の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース