【株式市場】米国株急落し日経平均は後場1047円安となり約1ヵ月ぶりに2万3000円を割る

2018年10月11日 15:51

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

◆日経平均の終値は2万2590円86銭(915円18銭安)、TOPIXは1701.86ポイント(62.00ポイント安)、出来高概算(東証1部)は増加して19億5248万株

 10月11日後場の東京株式市場は、正午過ぎの円相場が前日夕方に比べて1円近い円高の1ドル112円05銭前後になったこともあり、株価指数の先物が一段と下値を探る展開になった。

 日経平均は前場の安値(941円94銭安の2万2564円10銭)を割って始まり、ほどなく下げ幅を1000円台に拡大。東証1部の出来高上位30銘柄はすべて値下がり。13時30分頃には1047円02銭安(2万2459円02銭)まで下押した。大引けにかけては野村ホールディングス<8604>(東1)などが幾分持ち直したが、日経平均は前日比で大きく反落した。終値での2万3000円割れは9月13日以来。下げ幅としては今年3月23日の974円13銭安以来の大きさ。

 後場は、四半期好決算などで前場上げたエービーシー・マート<2670>(東1)などが高値もみあいに転換し、株価の下げによって配当利回りが一段と高くなった東京エレクトロン<8035>(東1)やアーバネットコーポレーション<3242>(JQS)などが回復傾向。バイオ株に陽線の銘柄が目立ち、シンバイオ製薬<4582>(JQG)は13時過ぎから堅調に転換。

 東証1部の出来高概算は19億5248万株(前引けは9億3568万株)。売買代金は3兆7587億円(同1兆7834億円)。1部上場2110銘柄のうち、値上がり銘柄数は56(同42)銘柄となり全体の2.7%にとどまり、値下がり銘柄数は2050(同2056)銘柄となり、全体の97%に達した。

 また、東証33業種別指数は全33業種(前引けも全33業種)が値下がりし、値下がり率の小さい業種は、小売り、空運、水産・農林、電力・ガス、不動産、建設、保険、繊維製品、食料品、ゴム製品、などとなった。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【業績でみる株価】FCMは18年3月期大幅増収増益・増配予想で再増額の可能性(2018/02/20)
【株式評論家の視点】日本システム技術は第3四半期営業黒字転換、昨年9月の下値圏に届き値ごろ感(2018/02/08)
カチタスはニトリの家具・インテリア付き中古住宅の販売に期待感、2600円どころが下値圏(2018/02/13)
【編集長の視点】BEENOSは1Q流通総額の高進捗率を手掛かりに売られ過ぎの訂正買いが拡大し続急伸(2018/02/19)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース