ピーター・ジャクソン、NYコミコンで『移動都市/モータル・エンジン』の魅力語る

2018年10月11日 09:28

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

ピーター・ジャクソンの新たな冒険物語『移動都市/モータル・エンジン』が、現地時間10月5日に行われたNYコミコン2018のパネルディスカッションに参戦。写真:ピーター・ジャクソン

ピーター・ジャクソンの新たな冒険物語『移動都市/モータル・エンジン』が、現地時間10月5日に行われたNYコミコン2018のパネルディスカッションに参戦。写真:ピーター・ジャクソン[写真拡大]

写真の拡大

 ピーター・ジャクソンの新たな冒険物語『移動都市/モータル・エンジン』が、現地時間10月5日に行われたNYコミコン2018のパネルディスカッションに参戦。本作で製作と脚本をつとめたジャクソンをはじめ、監督のクリスチャン・リバース、脚本のフィリッパ・ボウエン、キャスト陣のヘラ・ヒルマー、ロバート・シーハン、ジヘ、ステーヴン・ラング。さらに、アンディ・サーキスも司会者として登壇した。

 ・[動画]映画『移動都市/モータル・エンジン』特報

 原作は、フィリップ・リーヴのSFファンタジー小説・移動都市クロニクル(全4部作)の1作目となる「移動都市」。遠い未来に60分戦争といわれる戦いが原因で、たった60分で文明が崩壊した世界が舞台。この世界では、人々が、走る都市「移動都市」の上で生活をしている。巨大な都市は小さい都市を飲み込み、資源を搾取して、人々を奴隷にしていく。

 サーキスはパネルディスカッションが始まると「この作品の映像の一部を見て、僕は吹き飛ばされそうな衝撃を覚えました! 本当に信じられないほどの映画です」と集まったファンに語りかけた。

 スクリーンに冒頭映像が公開された後、キャストやスタッフたちが登場。サーキスがこの作品が生まれるきっかけを、ジャクソンに質問すると、「2006から2007年に原作を読んで、映画化したいと思った。でも、その後に『ホビット』の製作が始まったから、約5年はこの企画がストップしていたんだ」と説明した。

 監督をつとめたリバースは、ジャクソンが2005年に監督した『キング・コング』で、第78回アカデミー賞視覚効果賞を受賞。本作が長編初監督作品となる。ジャクソンは「これまで共に仕事をしてきたクリスチャンに、『君にとって初となる長編映画の監督をまかせたい』と伝え、提案した。まさに、それが叶ったんだ!」と、リバース監督に本作を託した経緯を語った。

 リバース監督も「映画ファンにとって、本作が新しい映画であり、新しい世界であり、新しい経験になることを望んだ」と訴えると、ジャクソンも「この作品がヒットしたら、次回作に取りかかれるよ!」と、早くも続編製作に目を輝かせていた。

 『移動都市/モータル・エンジン』は2019年3月より全国公開となる。

【関連記事】

 ピーター・ジャクソンがハリウッド殿堂入り。子ども時代振り返り「夢のよう」
[動画]超貴重映像『ホビット 思いがけない冒険』メイキング&インタビュー
『ホビット 決戦のゆくえ』の本予告編が完成。映画史に残る壮絶バトル!
[動画]『ホビット 竜に奪われた王国』エンディング・テーマソング「I See Fire」映像

関連キーワード移動都市/モータル・エンジン

「映画」の写真ニュース

エンタメの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_news

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース