レノボ・ジャパン、Snapdragon搭載Windows PCの国内発売を発表

2018年10月10日 23:30

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 レノボ・ジャパンが、プロセッサとしてQualcommの「Snapdragon 850 Mobile COmpute Platform」を搭載するノートPC「Yoga C630」を2018年中に発売すると発表した4gamer)。

 タブレットのようにも利用できるいわゆる「コンバーチブル型」で、ディスプレイはタッチ操作対応の13.3インチ(1920×1080ドット)、メモろは4GB/8GB、ストレージはSSDで128GB/256GB。重量は約1.2kgで、最大約25時間のバッテリー駆動が可能だという。価格については明らかにされていないが、The Vergeによると米国での価格は849.99ドルからだという。

 スラドのコメントを読む | モバイルセクション | モバイル | Windows

 関連ストーリー:
ARM版Windows 10の制約とは? 2018年02月21日
ARM版Windows 10が登場。製品はHPとASUSから発売予定 2017年12月11日
Microsoft曰く、「ARM版Windows搭載ノートPCのバッテリー駆動時間は大変革をもたらす」 2017年10月24日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードSnapdragonQualcommタブレットWindowsレノボSSD

「PC・ハードウェア・周辺機器」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース