ホンダ、クルーズ・GMと無人ライドシェア用車両の開発で協業開始

2018年10月7日 22:33

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

GM社長のダン・アマン氏と本田技研代表取締役副社長の倉石誠司氏

GM社長のダン・アマン氏と本田技研代表取締役副社長の倉石誠司氏[写真拡大]

写真の拡大

GMクルーズホールディングスLLC、ゼネラルモーターズ(GM)とホンダが、自動運転技術を活用したモビリティの変革という共通の目標に向けて、協業を行なうことで合意したと発表した。

【こちらも】着実に進むライドシェアへの動きと、今は黒子に徹するウーバー

 ホンダは、クルーズ、GMと、様々な使用形態に対応するクルーズ向けの無人ライドシェアサービス専用車の共同開発を実施し、無人ライドシェアサービス事業のグローバル展開の可能性も視野にいれた開発を3社合同で進めていくとした。

 この協業に向け、ホンダはクルーズへ当面7.5億ドル出資し、今後12年にわたって事業資金約20億ドルの合計27.5億ドルを支出する予定だ。

 すでに発表されているソフトバンクによるクルーズへの投資に、今回のホンダからの出資及び提携が加わることで、当事者間における取引実行後のクルーズの企業価値評価額は146億ドルになると算定されている。

 今回の発表にあたって、本田技研代表取締役副社長の倉石誠司氏は、「ホンダが、クルーズ及びGMとの協業を決めた理由は、彼らが無人ライドシェアや電動化といった先進領域で業界を牽引していること、また“CO2ゼロ”“事故ゼロ”という共通のビジョンを持っていたから。我々の得意とするデザイン・パッケージ、及び内外装の設計技術で、魅力的な無人ライドシェアサービス専用車両の開発を実現してまいります」と述べ、

 メアリー・バーラGM 会長兼CEOは、「今回の提携は、GMとホンダとのこれまでの電動車領域の協業、また我々とクルーズとの関係を考慮すれば極めて合理的な展開でした。ホンダとの協業で、世界トップレベルの車両デザイン、開発、生産技術をクルーズに供給することができ、無人ライドシェア事業のリーダーとしてグローバルな事業展開を実現します」と語った。

 また、クルーズ CEOカイル・ヴォグト氏は、「GMとソフトバンクに加え、新たにホンダが加わることで、クルーズはグローバルで安全な自動運転技術を普及させるための十分な経営資源を獲得した。また、ホンダとの協業により、優れたデザイン、効率性の高い、無人ライドシェアサービス専用車両を得て、事業の拡大を図ることができます」と語っている。

 この協業でどこまで自動運転車の開発が加速するのか、また無人ライドシェア、無人タクシーといった領域で車両開発がどこまで進むのか、業界の注目が集まる。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
トヨタ、国内販売網を見直す。系列店の垣根を超えて、全店で全車種を販売する
ホンダ、2年ぶSUV「CR-V」国内投入。ハイブリッド仕様とガソリンエンジン仕様
ホンダ、「NSX」のマイナーチェンジモデルをホームページで先行公開
日本自動車大手、北米から中国市場へ、大きくステアリングを切りはじめる
ホンダ、プラグインハイブリッドモデル「CLARITY PHEV」を追加、発売

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード本田技研工業ソフトバンク自動運転General Motors(GM)

「自動車・二輪車・部品」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース