ホンダ・インサイト、日本での復活販売は2018年冬に

2018年10月5日 19:44

小

中

大

印刷

INSIGHT。(画像:本田技研工業発表資料より)

INSIGHT。(画像:本田技研工業発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • 新型インサイト
  • 新型インサイト
  • 新型インサイト

 本田技研工業(ホンダ)は、新型のハイブリッドカー「INSIGHT(インサイト)」の2018年冬の日本発売に向け、各種情報をホームページ上で公開した。

【こちらも】ホンダのSUV「CR-V」ついに日本再登場

 インサイトは、1999年に初登場したホンダのハイブリッドカーである。世界最高水準の低燃費を目指すとしつつ、なおかつレーシングカーに近いスタイルを持つクルマであったが、2006年に終売。その後2009年、まったく新しい新型ハイブリッド戦略車として位置付けられた2代目インサイトが登場したが、こちらも2014年に生産・販売終了となっていた。そして今回、3代目インサイトの登場となる。

 3代目インサイトはアメリカでは既に6月、販売が開始されている。その日本での発売が、冬になると発表されたのである。

 3代目のインサイトは「すべてにおいて上質を追求したミドルセダン」として登場するという。

 パワートレーンにはホンダ独自のハイブリッドシステムである「SPORT HYBRID i-MMD」を1.5L DOHC i-VTECエンジンと組み合わせて搭載、上質な走りと燃費性能の両立を実現する。また、ホンダの代名詞となりつつある安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」は全タイプで標準装備となる。

 日本仕様独自の装備もある。フロントグリルが専用デザインとなり、トランクスポイラーが追加。走りの面でも独自のチューニングが施されているという。

 ちなみにアメリカ型の3代目インサイトZE4型は、2代目ともやはり大きくコンセプトを異にしており、9代目シビックと同じ4ドアセダン車となっている。シビックのラインナップからハイブリッド仕様が外れているのでその事実上の後継車種にも位置づけられ、価格、サイズもシビックと10代目アコードの中間ほどの扱いとなっている。

 日本での販売価格などはまだ未発表である。(記事:藤沢文太・記事一覧を見る

関連キーワード本田技研工業ハイブリッド車Honda SENSINGインサイト

広告

広告

写真で見るニュース

  • フランクフルトモーターショーで話題となったフォルクスワーゲン・ID.3(画像: フォルクスワーゲン発表資料より)
  • 自動手荷物預け機のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 「ザ・コラーゲン B-Shot」(画像: 資生堂の発表資料より)
  • 第46回東京モーターショーでダイハツが出展する予定のコンセプトカー「WakuWaku(ワクワク)」(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • 2020年2月にヴィッツから改名されて発売されるトヨタ・ヤリス(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
  • 導入される次世代型電動車いすのイメージ。(画像: JALの発表資料より)
  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
 

広告

ピックアップ 注目ニュース