IoT向け無線通信技術「NIDD」、ソフトバンクが商用環境での接続実験に成功

2018年10月3日 23:16

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 ソフトバンクがIPアドレスを使わない無線データ通信規格「Non-IP Data Delivery(NIDD)」の商用環境での接続実験に成功したと発表したITmediaロボスタ)。

 NIDDは携帯電話など移動通信システム関連規格の標準化を行う3GPPによって規格化された、いわゆる「IoTデバイス」向けの通信技術。IPベースの通信と比べて、通信に必要なヘッダー情報などのデータ量が少ないという特徴がある。IP網とは異なるネットワークとなるため、セキュリティも高いという。

 スラドのコメントを読む | テクノロジー | ネットワーク

 関連ストーリー:
IPv6仕様が特殊なフレッツサービス、今度はNECの新ルーターで「フレッツジョイント」が問題に 2018年06月27日
Microsoft、Linuxを採用したIoT向けOSや専用MCUを発表 2018年04月20日
LTEネットワークへの新たな攻撃手法が見つかる 2018年03月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードソフトバンクセキュリティIoT(Internet of Things)

広告

広告

写真で見るニュース

  • ロッテリア クラシック チリミート。(画像:ロッテリア発表資料より)
  • 渋谷パルコのイメージ(竹中工務店提供、パルコ発表資料より)
  • プロキシマケンタウリを周回するプロキシマケンタウリbのイメージ図。(c) ESO/M. Kornmesser
  • 黄金チーズと贅沢4種ハムのピザ。(画像:フォーシーズ発表資料より)
  • 「マツダ ロードスター RF」(画像: マツダの発表資料より)
  • 日野セレガ スーパーハイデッカ。(画像:日野自動車発表資料より)
  • ボーイング777F型機(画像: 全日本空輸の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース