グッピーを鎌で捕まえて食べるカマキリ

2018年10月3日 18:23

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 野生のカマキリが水中の魚を捕まえて食べる様子が確認されたそうだ(ナショナルジオグラフィック)。

 今回観察されたのは、小型淡水魚であるグッピーをカマキリが腕の鎌を水中に突き刺して捕まえて食べる姿。こういった行為は何度も繰り返し確認されているとのこと。

 さらに、カマキリの目は明るい昼間に捕食対象を捕まえるのに適しているとされるが、今回の魚を捕まえる行為はすべて夕方や夜に行われていたとのこと。グッピーは尾ひれが大きいため、水中を泳ぐ姿が虫のように見えたのかもしれないと研究者は推測している。また、何度も魚を捕まえていたことから、カマキリに学習能力がある可能性もあるという。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | サイエンス

 関連ストーリー:
動物の利口さは脳の大きさよりもニューロン数に左右される 2017年12月06日
ゴケグモのオスは成熟していないメスを狙って交尾する 2016年10月04日
大型のサメを捕食するオットセイの写真が撮影される 2015年04月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

「自然環境・動植物」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース