首都圏初の鉄道「計画運休」が実施

2018年10月2日 21:43

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 9月30日、台風24号の首都圏への接近に伴い、JR東日本が首都圏で初めて「計画運休」を実施した(日経新聞朝日新聞)。

 JR東の各駅では30日昼間の時点で首都圏内各線の20時以降の運休がアナウンスされており、これに応じて駅ビルなどの営業も短縮されていた。いっぽうで私鉄各社の対応は分かれており、西武鉄道や小田急電鉄、京王電鉄なども22時以降の運休を発表していた。東急電鉄も終電の繰り上げを行った。一方で東武鉄道や京急電鉄、京成電鉄は状況を見つつ運行を続けていたという(東洋経済)。

 なお、運休をアナウンスしていた各路線についても、実際には20時/22時以降も利用者の状況をみつつ一部は運転していたようだ(東洋経済の別記事)。

 スラドのコメントを読む | 交通

 関連ストーリー:
スパコン「京」、台風20号の強風によって受電設備に雨水が侵入して一時運用停止になっていた 2018年09月25日
台風による冠水等で機能停止した関西国際空港、完全復旧には時間がかかる見込み 2018年09月06日
台風による強風で淡路市の風力発電用風車が倒壊 2018年08月27日
「台風休暇」は必要か 2017年10月31日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードJR東日本台風小田急電鉄東急電鉄東武鉄道京王電鉄京成電鉄

「運輸・物流・鉄道」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース