車の安全システム、ほとんどの運転手は理解せずに使用

2018年10月2日 17:49

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

taraiok曰く、 米自動車協会が行った最新調査結果によると、ほとんどのドライバーは新型車に搭載された高度な安全技術の限界を理解していないという(USA TODAYSlashdot)。

 この調査結果では、ドライバーは死角監視システム、自動緊急ブレーキ、アダプティブ・クルーズ・コントロールなどの機能の能力を過大評価しているとし、米国人が部分的な自動運転機能を持つ車両に適応できるかどうかには疑問があるという。

 具体的には、たとえば死角の監視機能に関してはユーザーの80%がその限界を理解できておらず、急速に接近している車両や自転車、歩行者については検出できないことを認識できてないという。また、前方衝突警告と自動緊急ブレーキについては両者を混同するユーザーが多いという。前方衝突警告はあくまで警告でしかなく、自動緊急ブレーキのようにブレーキ操作までは実行してくれない。

 車間距離を一定に保ちつつ、一定速度で走行を行うアダプティブ・クルーズ・コントロールに関しては、このシステムを使用しているドライバーの約29%が自分自身で加速やブレーキ操作を行っており、また時にはシステムが作動している間に「他のことをする」つまり、よそ見運転ができる点が快適であるとの回答があったようだ。

 ただし、こうした部分的な自動運転機能が事故を抑制しているのも事実だという。連邦政府の見積もりによると、事故の約40%、事故による死亡の30%を自動運転機能によって防ぐことができたとしている。

 今回の研究の責任者であるJake Nelson氏は、ディーラー、自動車メーカー、レンタカー会社は、配車時にこれらのシステムがどのように機能するかを運転者に教えることが重要であるとしている。

 スラドのコメントを読む | テクノロジー | 交通

 関連ストーリー:
自動運転Uberの歩行者死亡事故、直前までドライバーのスマートフォンでTV番組がストリーミング再生されていた 2018年06月23日
古い車は安全性の面でも不利であるというデータ 2018年05月17日
Uberの自律走行タクシーによる歩行者の死亡事故はソフトウェアが歩行者を無視したのが原因との報道 2018年05月09日
マツダ、国内主力乗用車5車種全モデルで2017年度中に安全技術を標準装備 2017年03月15日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード自動運転

「自動車・二輪車・部品」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース