培養肉を巡り「肉」の定義を巡る議論が活発化

2018年10月2日 17:56

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 ついこないだ代用肉は「meat」ではないという話が話題になったばかりだが、やっぱり培養肉についても「肉」なのかどうかで揉めているようである(WIRED)。

 製法なのか成分なのかといった議論の他、肉なら農務省管轄で細胞なら米食品医薬品局(FDA)が管轄となるといったお役所的な悩みもあるとか。

 WIREDによると、FDAで「培養肉」に関する議論を行なっている際に「肉とは何か」という議論も出たという。牧畜業者からは「培養肉は肉ではない」という意見が出る一方、ある培養肉メーカーは「本物の味や見た目、食感を完全に再現できるのであれば肉だ」と主張しているという。また、宗教的に肉を食べることが制限されている人たちにとっても、「肉」の定義は重要な問題のようだ。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | バイオテック | サイエンス

 関連ストーリー:
米ミズーリ州、肉代用食品を「meat」として販売することを禁ずる法律 2018年09月01日
米スタートアップ企業、細胞培養による家禽肉製造に世界で初めて成功 2017年03月19日
人工培養肉、昆虫、海藻、「明日のミートボール」とは 2015年12月13日
食用培養肉の開発に賞金 2008年04月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

「テクノロジー・サイエンスの話題」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース