アジアパイル 急落で下落率トップ、公募増資実施による株式価値の希薄化を嫌気

2018年10月1日 13:57

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*13:57JST アジアパイル---急落で下落率トップ、公募増資実施による株式価値の希薄化を嫌気
アジアパイル<5288>は急落で下落率トップ。先週末に公募増資の実施などを発表、株式価値の希薄化が懸念される状況になっている。公募増資347.9万株、オーバーアロットメントによる売出52.1万株を実施する。発行済み株式数は最大で11.6%増加する。調達資金の使途はベトナム社への投融資資金、設備投資資金などのもよう。なお、発行価格の決定期間は10月9日から12日までとしている。《HH》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「vibes.」のイメージ。(画像: Reviveの発表資料より)
  • 夏ぶたチーズ4。(画像:日本ピザハット発表資料より)
  • ロッテリア クラシック チリミート。(画像:ロッテリア発表資料より)
  • 渋谷パルコのイメージ(竹中工務店提供、パルコ発表資料より)
  • プロキシマケンタウリを周回するプロキシマケンタウリbのイメージ図。(c) ESO/M. Kornmesser
  • 黄金チーズと贅沢4種ハムのピザ。(画像:フォーシーズ発表資料より)
  • 「マツダ ロードスター RF」(画像: マツダの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース