米バーガーキング、すべてをAIが作ったという触れ込みの広告キャンペーン

2018年9月30日 22:41

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

米バーガーキングは9月27日、すべてをAIが作ったという触れ込みの広告キャンペーンを発表した(プレスリリースThe Next Webの記事AdAgeの記事)。

同社は現在、新しい深層学習アルゴリズムのベータ版をテストしていると主張。AIに新たな広告キャンペーンを作らせるため、従来のAgency of Record(広告代理店)からAgency Robotsに転換し、革新的なビジネスモデルを開発する「Project: AOR」を進めていると述べている。既にバーガーキングはAIによるCMのプレビュー版をYouTubeで公開しており、最終版のスクリプトを10月1日に公開予定だ。すべてをAIが作成したCMが全国ネットのテレビで放送されるのは初だという。

ただし、バーガーキング過去広告キャンペーンを考えると、すべてAIが作ったという今回の触れ込みも鵜呑みにはできない。バーガーキングのMarcelo Pascoa氏はAdAgeに対し、AIは人間による素晴らしいクリエイティブなアイディアを置き換えることはできないなどとコメントしているとのこと。
ボットにバーガーキングのCMを1,000時間見せてから書かせたというスクリプトは以下のような内容だ。YouTubeで公開されているCMとは一部異なる。
  バーガーキングフードホテル内。2人の友達がワッパーを食べている。彼らは幸せだ。彼らは2人だ。彼らは永遠に生きる。
     友達1: 僕はワッパーの味が大好きだ。
     友達2: 僕は大きくなったらワッパーになりたい。
     友達1: 僕は自分が医者じゃなくてワッパーだったらいいのにって思うよ。
バーガーの王が2人を見ている。彼は不気味だが、頭には王冠をかぶっているので問題ない。
     友達1: 友達2、これはバーラップキングだ。
     友達2: 僕はもう大人になったよ。
     友達1: 泣く。僕はまだ医者のままだ。
ワッパーとお金の数が見える。不気味な王に見せるな。バーガーキングのロゴが出現。

 スラドのコメントを読む | idleセクション | 人工知能 | 変なモノ | 広告 | idle

 関連ストーリー:
米バーガーキング、インターネットの中立性をワッパーの提供速度に例えたプロモーション動画を公開 2018年01月28日
バーガーキングロシア、スティーブン・キング原作の映画「IT」はマクドナルドの宣伝と主張 2017年10月01日
バーガーキングロシア、ブロックチェーン技術を使用したロイヤリティプログラムを開始 2017年09月01日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードバーガーキングYouTube

「飲食業」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース