Kaspersky、「iOS向けアンチウイルスソフト」は存在しないと主張

2018年9月28日 23:33

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Kasperskyがブログで「iOS向けアンチウイルスソフト」というものは存在しないと主張している。

 iOSアプリはサンドボックス内で実行され、他のアプリやOS、他のアプリのデータヘのアクセスが制限されている。そのため、他のアプリの動作を監視するような処理が必要となるiOS向けのアンチウイルスアプリの作成は「実質的に不可能」だという。また、AppleもApp Storeの規約で「iOSベースのウイルス/マルウェアスキャナー」の提供を禁じている。

 一方でKasperskyは「フィッシング対策、トラッキング対策、VPN、ペアレンタルコントロール、パスワードマネージャー、広告ブロッカー、盗難対策といった機能」などを備える「セキュリティアプリ」については一定の有用性を認めているが、これらを「インターネットセキュリティ」と呼ぶのは混乱の元だともしている。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | セキュリティ | アップル | iOS

 関連ストーリー:
ウイルスバスターモバイル、パッケージ版の販売は継続されるもiOS端末にはインストールできない状況が続く 2018年09月25日
Androidのセキュリティ、Google Playプロテクトのマルウェア検出性能は不十分? 2017年10月29日
Android向け人気セキュリティアプリ、実はなにもしない見せかけだけのアプリだった 2014年04月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードiOSAppleマルウェアセキュリティフィッシングKaspersky

「セキュリティ・プライバシー」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース