日本エンタープライズの子会社、交通情報サービスは『ATIS on Cloud』を9月26日(水)に提供開始

2018年9月27日 07:17

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

日本エンタープライズ<4829>(東1)の子会社、交通情報サービス(以下ATIS)は、高速・貸切バス、運輸・物流業、配送・引越業等の法人向けに、全国の高速・一般道路の渋滞、事故、規制情報など最新の交通事象をマップ上で確認できるクラウド型の交通情報サービス『ATIS on Cloud』を9月26日(水)に提供開始した。

日本エンタープライズ<4829>(東1)の子会社、交通情報サービス(以下ATIS)は、高速・貸切バス、運輸・物流業、配送・引越業等の法人向けに、全国の高速・一般道路の渋滞、事故、規制情報など最新の交通事象をマップ上で確認できるクラウド型の交通情報サービス『ATIS on Cloud』を9月26日(水)に提供開始した。[写真拡大]

写真の拡大

■法人向けに、全国の高速・一般道路の最新の交通事象をマップ上で確認できるサービス

 日本エンタープライズ<4829>(東1)の子会社、交通情報サービス(以下ATIS)は、高速・貸切バス、運輸・物流業、配送・引越業等の法人向けに、全国の高速・一般道路の渋滞、事故、規制情報など最新の交通事象をマップ上で確認できるクラウド型の交通情報サービス『ATIS on Cloud』を9月26日(水)に提供開始した。

 ATIS独自の機能であるIC区間毎の所要時間表示の他、刻一刻と変化する道路状況や天候による道路状況等を全国3000箇所を超えるライブ映像で確認することが可能。また、大型車両の安全な運行に大切な休憩場所(道の駅、サービス/パーキングエリア等)の施設検索、指定した運行ルート上でのアイコン表示などの機能も搭載している。

 今回の『ATIS on Cloud』は、「ATISマップ」「ライブ映像」「ルート検索」などの利便性の高いメニューに加えて「所要時間一覧」や「施設検索」など、法人向けに実用性の高いクラウド型の新サービスとして開発した。

 利用料は、初期費用として、1台あたり1万円、利用料として1台あたり月額1万円、契約期間は1年契約となっている。2台目以降は、月額5000円。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【業績でみる株価】FCMは18年3月期大幅増収増益・増配予想で再増額の可能性(2018/02/20)
【株式評論家の視点】日本システム技術は第3四半期営業黒字転換、昨年9月の下値圏に届き値ごろ感(2018/02/08)
カチタスはニトリの家具・インテリア付き中古住宅の販売に期待感、2600円どころが下値圏(2018/02/13)
【編集長の視点】BEENOSは1Q流通総額の高進捗率を手掛かりに売られ過ぎの訂正買いが拡大し続急伸(2018/02/19)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース