ライフ RSS

 

アルコール原因で毎年世界で300万人死亡 WHOが発表

2018年9月26日 18:00

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 世界保健機関(WHO)によると、アルコールが原因で死亡する人は、毎年世界でおよそ300万人ほどだという。また、その死因でもっとも多いのは交通事故や喧嘩などだそうだ(NHK)。

 死因の割合は「交通事故やけんかなどの暴力、自傷行為」が28%、「消化器の病気」が21%、「心臓・血管の病気やがん、精神障害など」が19%とのこと。これを受けてWHOはアルコールの規制強化を訴えている。

 スラドのコメントを読む | 医療 | ビール

 関連ストーリー:
アルコールの摂取はメリットよりもデメリットの方が多いという研究結果 2018年08月28日
アルコールはDNAを傷付けるという研究結果が発表される 2018年01月15日
飲酒すると、飲酒直前までに覚えたことを忘れにくくなる? 2017年08月17日
英国のアルコール摂取量ガイドライン、ビールは週8缶まで 2016年01月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード世界保健機関(WHO)

「健康」の写真ニュース

ライフの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_fashion

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース