上海兆芯集成電路、「第7世代Core i5並みの性能」というx86互換CPUを開発

2018年9月25日 22:30

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 上海兆芯集成電路(Zhaoxin)が新たなx86互換プロセッサ「開先KX-6000」を発表している(PC Watch)。

 Zhaoxinはx86互換プロセッサを手がけていたVIAが中国企業と合弁で立ち上げた企業で、以前「KX-5000」というx86互換CPUをリリースしていた(過去記事)。

 KX-6000は16nmプロセスで製造され、8コアで動作クロックは3GHz、対応メモリはDDR4-3200。Windows 10にも対応するという。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア

 関連ストーリー:
中国企業、AMDの知財を使ったx86プロセッサの生産を開始 2018年07月11日
VIAがx86互換CPUの新製品を発表。中国市場向け 2018年01月25日
中国・兆芯が新たなx86互換CPUを開発、IntelやAMDのCPUに匹敵する性能? 2017年03月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国

「PC・ハードウェア・周辺機器」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース