東京為替:ドル・円はもみ合い継続、米長期金利は伸び悩み

2018年9月19日 14:15

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:15JST 東京為替:ドル・円はもみ合い継続、米長期金利は伸び悩み

 19日午後の東京市場で、ドル・円は112円30銭台のもみ合いが続く。日経平均株価は連日の大幅高や上海総合指数のプラス圏推移を受けて、円売りに振れやすい状況。ただ、米10年債利回りは3%台維持も伸び悩んでおり、ドル買いを進めづらい。この後、午後3時30分ころからの黒田日銀総裁の会見待ち。


 ここまでの取引レンジは、ドル・円は112円23銭から112円43銭。ユーロ・円は130円92銭から131円26銭、ユーロ・ドルは1.1656ドルから1.1682ドルで推移。《KK》

広告

広告

写真で見るニュース

  • ロッテリア クラシック チリミート。(画像:ロッテリア発表資料より)
  • 渋谷パルコのイメージ(竹中工務店提供、パルコ発表資料より)
  • プロキシマケンタウリを周回するプロキシマケンタウリbのイメージ図。(c) ESO/M. Kornmesser
  • 黄金チーズと贅沢4種ハムのピザ。(画像:フォーシーズ発表資料より)
  • 「マツダ ロードスター RF」(画像: マツダの発表資料より)
  • 日野セレガ スーパーハイデッカ。(画像:日野自動車発表資料より)
  • ボーイング777F型機(画像: 全日本空輸の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース