Googleの中国向け検索アプリ、プロトタイプは検索内容と携帯番号を結び付け

2018年9月17日 18:31

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Googleが中国再参入に向けて開発している検索アプリのプロトタイプでは、ユーザーの携帯電話番号と検索内容が結び付けられる仕組みになっているとThe Interceptが報じている(The Interceptの記事The Vergeの記事Android Policeの記事)。

「Dragonfly」というコードネームで呼ばれているこのアプリはAndroid用。中国当局の禁止するコンテンツが除外されるようになっているほか、気象情報や大気汚染情報は中央政府の不明な部局が直接提供するデータに置き換えられるそうだ。The Interceptが入手した情報によると、Googleは中国語で「人権」「学生運動」「ノーベル賞」といった検閲語句を含むブラックリストを作成しているとのこと。

EFFを含む14の人権保護団体は8月、Googleが人権侵害に直接関与することになるなどとして、Dragonflyに反対する公開書状をGoogle CEOのサンダー・ピチャイ氏に連名で送っている。中国政府は人権活動家やジャーナリストなどを厳しく監視しているが、電話番号と検索内容が結び付けられれば監視がさらに容易になる。サーチエンジンはGoogleと中国企業の合弁会社で運営されることになるが、ブラックリストの管理などにGoogle側がどの程度かかわることができるのかといった点は不明なようだ。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | 検閲 | Google | YRO | 中国 | プライバシ

 関連ストーリー:
Googleが中国で検閲済み検索サービスの提供を計画中との報道 2018年08月06日
中国、Googleに対するトラフィックを制限。中国でビジネスを行う上でのリスクに 2012年11月16日
Google、Eric Schmidt が CEO を降りる理由 2011年01月25日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国GoogleAndroidEFF(電子フロンティア財団)

「iOS / android アプリ」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース