OpenSSL 1.1.1が正式リリース

2018年9月16日 22:34

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

iida 曰く、  OpenSSL 1.1.1が11日、正式にリリースされた(OpenSSL Blogの記事)。

新しい特長は第一に、先月発行されたTLS 1.3 (RFC 8446) のサポートだ。また、乱数生成子は全面的に書き直されているほか、SHA-3やEdDSA (TLS1.3でも使われる) など新しいアルゴリズムのサポートも追加されている。ブログ記事によると、1.1.0からの差分で200人を超える貢献者が5,000回近くコミットしたとのこと。

なにはともあれ関係各位の努力とご苦労に敬意を表したい。

 OpenSSL 1.1.1は新たな長期サポート(LTS)版となり、少なくとも5年間のサポートが提供される、

 スラドのコメントを読む | オープンソースセクション | オープンソース | セキュリティ | 通信 | 暗号

 関連ストーリー:
OpenSSL、ライセンス変更に向けて貢献者の合意を求める 2017年03月26日
十分な額の資金があれば、すべてのバグは深刻ではない? 2015年02月22日
OpenSSL、計8件の脆弱性を修正 2015年01月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードSSL

「セキュリティ・プライバシー」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース