朝日インテック<7747>のフィスコ二期業績予想

2018年9月16日 18:00

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:00JST 朝日インテック<7747>のフィスコ二期業績予想
※この業績予想は2018年8月31日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

朝日インテック<7747>

3ヶ月後
予想株価
4,600円

ガイドワイヤカテーテルなどの医療機器が主力。産業用極細ワイヤも手掛ける。新中計発表。23.6期に売上高800億円、営業益200億円を目指す。配当性向25%目安。18.6期は二桁増収増益。会社計画比上振れ。

19.6期はPTCAカテーテルや貫通カテーテルが国内外で伸長。直販化の米国は後半に勢い増す。国内の公定価格引き下げの影響を数量増で吸収。新社屋移転費用や開発費増こなし、利益続伸へ。株価は堅調な展開を想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.6連/F予/54,500/15,000/15,000/11,200/86.66/21.60
20.6連/F予/58,000/16,500/16,500/12,300/95.17/23.70
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/08/31
執筆者:JK《FA》

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース