国内外の注目経済指標:8月米中古住宅販売件数は前月並みの水準か

2018年9月15日 15:57

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*15:57JST 国内外の注目経済指標:8月米中古住宅販売件数は前月並みの水準か
9月17日−21日週に発表予定の国内外の主要経済指標の見通しについては以下の通り。

■19日(水)決定会合の終了予定時刻は未定
○(日)日本銀行金融政策決定会合-予想は金融政策の現状維持
日本銀行は前回の金融政策決定会合で、国債市場の流動性低下に配慮するため、長期金利の変動許容幅を従来の倍程度まで拡大することが許容された。国債市場の流動性は回復しつつあるが、米中貿易摩擦の継続、日米貿易協議の行方、台風や地震などの自然災害による経済活動の低下など、金利上昇を抑制する要因(リスク要因)も存在している。日銀は現行の金融緩和策を当面継続し、賃金、物価、企業設備投資の動向を注意深く観察していくとみられる。

■19日(水)午後9時30分発表予定
○(米)8月住宅着工件数-予想は122.5万戸
参考となる7月実績は116.8 万件で6月実績を上回ったが、126.4 万件程度の市場予想に届かなかった。8月については、先行指標である7月の住宅着工許可件数が前月比+1.5%と4カ月ぶりにプラスに転じており、7月実績を上回ると予想される。ただ、住宅市場指数は伸び悩んでおり、6カ月見通しも低下していることから、着工件数が増加傾向に転じるとの見方は増えていないようだ。

■20日(木)午後11時発表予定
○(米)8月中古住宅販売件数-予想は538万戸
参考となる7月実績は前月比−0.7%、534万戸で2016年2月以来の水準に落ち込んだ。販売価格の中央値は26.96万ドルで前年同月比+4.5%だった。販売価格の上昇が続いており、販売件数は伸び悩んでいるとみられる。8月については、金利上昇の影響が表面化しつつあることや販売価格上昇の影響で販売件数は伸び悩む可能性がある。市場予想は妥当な水準か。

■21日(金)午前8時30分発表予定
○(日)8月全国消費者物価コア指数-予想は前年比+0.9%
参考となる7月実績は前年同月比+0.8%。過半数の269品目が上昇、エネルギー関連品目が上昇。下落は187品目。携帯電話の通信料が下落した。8月については引き続き過半数の品目の値上がりが予想されることから、物価上昇率は7月実績と同水準か、やや上回る可能性がある。

■21日(金)午後5時発表予定
○(欧)9月マークイットユーロ圏製造業PMI-予想は54.6
参考となる8月実績は54.6で7月の55.1から低下。新規受注の伸び悩みなどが要因。国際貿易環境は悪化する可能性があり、2018年後半と2019年におけるユーロ圏の成長見通しが上方修正される可能性は低いことから、9月の製造業PMIは8月実績と同水準か、やや下回る可能性がある。

その他の主な経済指標の発表予定は、17日(月):(米)9月NY連銀製造業景気指数、19日(水):(日)8月貿易収支、21日(金):(独)9月マークイット製造業PMI、(独)9月マークイットサービス業PMI。《FA》

「注目トピックス」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース