9月14日のNY為替概況

2018年9月15日 05:00

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*05:00JST 9月14日のNY為替概況
 14日のニューヨーク外為市場でドル・円は、111円79銭まで下落後、112円17銭まで上昇し112円00銭で引けた。

米国の8月小売売上高や輸入物価指数が予想を下回りドル売りが優勢となった、その後発表された9月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値が予想を上回り半年ぶりの高水準に達し、米10年債利回りも3%に達したためドル買いが再燃した。

ユーロ・ドルは、1.1705ドルへ上昇後、1.1624ドルまで下落し、1.1630ドルで引けた。

欧州中央銀行(ECB)の一部メンバーが定例理事会でドラギ総裁にリスクが下方にあることを強調するよう要請したとの報道で、ユーロ売りが再燃した。

ユーロ・円は、130円88銭から130円20銭まで下落。

ポンド・ドルは、1.3143ドルへ上昇後、1.3062ドルまで下落した。

英国中央銀行のカーニー総裁は英国のEU離脱で合意ない離脱を含めいかなる結果にも備える必要があると警告したため、ポンド売りが優勢となった。

ドル・スイスは、0.9637フランから0.9676フランまで上昇した。

  

[経済指標]・米・7月企業在庫:前月比+0.6%(予想:+0.6%、6月:+0.1%)・米・9月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値:100.8(予想:96.6、8月:96.2)・米・9月ミシガン大学1年期待インフレ率速報値:2.8%(8月:3.0%)・米・9月ミシガン大学5-10年期待インフレ率速報値:2.4%(8月:2.6%)・米・8月設備稼働率:78.1%(予想:78.2%、7月:77.9%←78.1%)・米・8月鉱工業生産:前月比+0.4%(予想:+0.3%、7月:+0.4%←+0.1%)・米・8月小売売上高:前月比+0.1%(予想:+0.4%、7月:+0.7%←+0.5%)・米・8月小売売上高(自動車除く):前月比+0.3%(予想:+0.5%、7月:+0.9%←+0.6%)・米・8月輸入物価指数:前月比-0.6%(予想:-0.2%、7月:-0.1%←0.0%)・米・8月輸入物価指数:前年比+3.7%(予想:+4.1%、7月:+4.9%←+4.8%)

 《KY》

「外国為替」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース