GReeeeNの名曲を横浜流星×清原果耶で映画化!『愛唄』特報解禁

2018年9月14日 13:10

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

GReeeeNの名曲「愛唄」を、横浜流星主演×清原果耶ヒロイン、『キセキ ーあの日のソビトー』のスタッフが再結集し映画化した『愛唄 −約束のナクヒト−』。写真:『愛唄 −約束のナクヒト−』ティザーポスター (C) 2018「愛唄」製作委員会

GReeeeNの名曲「愛唄」を、横浜流星主演×清原果耶ヒロイン、『キセキ ーあの日のソビトー』のスタッフが再結集し映画化した『愛唄 −約束のナクヒト−』。写真:『愛唄 −約束のナクヒト−』ティザーポスター (C) 2018「愛唄」製作委員会[写真拡大]

写真の拡大

 GReeeeNの名曲「愛唄」を、横浜流星主演×清原果耶ヒロイン、『キセキ ーあの日のソビトー』のスタッフが再結集し映画化した『愛唄 −約束のナクヒト−』。GReeeeN自身が脚本を手掛けていることも話題のこの作品の特報とティザーポスターが解禁となった。

 ・[動画]『愛唄 −約束のナクヒト−』特報

 本作はGReeeeNがかつてこの楽曲を作った時と同じ思いを持って、自ら脚本として参加し、今の時代に伝えるべきメッセージを込めて映像化された青春恋物語。

 解禁となった特報は、トオル(野宮透/横浜流星)と凪(伊藤凪/清原果耶)が満開の桜並木を2人乗り自転車で颯爽と駆け抜けるシーンからスタート。その映像に重なるかのように、凪の「私の手、握ってくれてありがとう」という言葉が流れると、トオルが凪の体を抱きかかえながら、「凪、凪!」と泣き叫ぶという、凪に隠された秘密を暗示するシーンが続いていく。

 次いで、「野宮さんは、このまま病状が進んだ場合」と切り出す医者からの言葉に呆然とするトオル。旧友の龍也(飯島寛騎)に「お前がやり残したこと、1個ずつやってやろうぜ」と励まされるも、トオルは「別に俺、そういうの1つもないから」と無気力な表情を見せる。そんなとき、ある1冊の詩集と出会う。それは4年前に亡くなった伊藤凪という少女の作品。

 彼女の詩を読むトオル。そんなトオルに「生きるって、夢中になるってことだと思う」と声を掛ける少女。彼女はナント、もういないはずの凪だった。彼女の言葉に生きる意味を教えてもらったトオルは、龍也からの後押しもあり、恋する喜びを実感していく。「トオル君はやりたいことないの?」と尋ねる凪。

 無気力だったトオルが、運命の出会いによって大きく変わっていく様子をGReeeeNが歌う「愛唄」にのせて描く、心にしみる特報に仕上がっている。

 『愛唄 −約束のナクヒト−』は2019年1月25日より全国公開となる。

【関連記事】

 GReeeeN「愛唄」を歌う女性ボーカルオーディションを開催!/『ストロボ・エッジ』主題歌
『キセキ』が2017年公開の邦画実写映画で興収10億円突破一番乗り!
菅田将暉、横浜流星らがGReeeeNの名曲をカバーしCDデビュー!
[動画]菅田,横浜,成田,杉野が歌う「キセキ」が聴ける!/映画『キセキ ーあの日のソビトー』予告編

関連キーワードキセキ ーあの日のソビトー清原果耶横浜流星

「映画」の写真ニュース

エンタメの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_news

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース