広瀬アリス、13年前の自分に「女優になってるぞ」と呼びかける

2018年9月14日 13:13

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

窪田正孝と広瀬アリス、錦織博監督が9月13日に新宿ピカデリーで行われた長編アニメーション映画『モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ』の完成披露舞台挨拶に登壇。写真:広瀬アリス

窪田正孝と広瀬アリス、錦織博監督が9月13日に新宿ピカデリーで行われた長編アニメーション映画『モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ』の完成披露舞台挨拶に登壇。写真:広瀬アリス[写真拡大]

写真の拡大

 窪田正孝と広瀬アリス、錦織博監督が9月13日に新宿ピカデリーで行われた長編アニメーション映画『モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ』の完成披露舞台挨拶に登壇。映画のキーワードの1つである「13年前」にちなみ、窪田と広瀬が約13年前の秘蔵写真を公開した。

 ・広瀬アリスの13年前の写真はこちら!『ソラノカナタ』完成披露舞台挨拶その他の写真

 本作は人気ゲーム「モンスターストライク」を元にした完全オリジナルストーリー。13年前に突然東京の一部が空に浮いた現代の東京を舞台に、カナタ(窪田)と、彼を探しに空から降ってきた謎の少女ソラ(広瀬)が、壮絶な戦いに巻き込まれていくアクションエンターテインメントだ。窪田は声優初挑戦。広瀬も劇場用アニメの声優は初となる。

 吹き替え作業は、先に声を録音して、その演技に合わせてアニメーションを作るプレスコ方式で行われたという。初めての経験に窪田は「とても新鮮でした。少しの広さしかないブースに入って、画面に映し出された画コンテを見ながら、時には1人だけで演技をしながら声を吹き込んで行くんです。『ここで大きい何かが来ます!』と言われてうわーって言いながら。だから数日前の試写で初めて動いている画を見て、『こうなってたのかぁ』と理解した感じですよ」と振り返った。

 さらに窪田は「これまでは衣装を着て役になりきるというか、テンションが上がっていく感じだったんです。でも、初めて好きな格好で来てもいいと言われて、上から下まで赤い看板のリーズナブルなブランドの服で行きました。だから作業自体はとても難しかったんですが、気持ちはとってもラクでしたね。裸足でやってましたし」と打ち明けると、司会者が広瀬にもその様子を尋ねる。すると「私も裸足だったんです。それに、上だけ赤い看板のリーズナブルなブランドの服を着ていました」と言って、会場中を笑いに包んだ。

 13年前に切り離された東京が舞台ということで、この日は窪田と広瀬の13年前の写真も公開された。スクリーンに窪田の17歳の高校生の頃、広瀬の方はバスケットボールをやっていた小学5年生の写真が映し出された。

 窪田は広瀬の小学生時代の写真を見て、「完成されてますね。すごい」と絶賛すると、広瀬は「いやいや」と恐縮。そこで司会者から当時の自分に向かって言いたいことは? という質問が。窪田は「『もっと友だちを作れ』と言いたいですね。いなかったワケじゃないんですが、少数精鋭だったんで」と答える。広瀬も「『13年後に女優になってるぞ』って。この頃は、本気でバスケットボール選手になりたかったので、女優になっている自分にきっとビックリすると思います」と話していた。

 『モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ』は10月5日より全国公開となる。

【関連記事】

 [動画]窪田正孝がモンスト映画で声優初挑戦!/『モンスターストライク THE MOVIEソラノカナタ』予告編
[動画]きゃりーぱみゅぱみゅが歌う『モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ』映画版特別MV
窪田正孝が声優初挑戦!東京の1/3が宙に浮く『ソラノカナタ』予告解禁
広瀬アリス、「モンスト」長編映画『ソラノカナタ』でアニメ声優初挑戦

関連キーワードモンスターストライク広瀬アリス窪田正孝新宿ピカデリーモンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ

「映画」の写真ニュース

エンタメの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る