『劇場版コード・ブルー』本編未公開カット含むエンドロール映像完全版解禁

2018年9月12日 22:22

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

7月27日に封切られ、9月11日までの公開47日間で、観客動員670万人、興行収入86億円を突破する大ヒットとなっている『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』。写真:『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』ポスタービジュアル (C) 2018「劇場版コード・ブルー –ドクターヘリ緊急救命-」製作委員会

7月27日に封切られ、9月11日までの公開47日間で、観客動員670万人、興行収入86億円を突破する大ヒットとなっている『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』。写真:『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』ポスタービジュアル (C) 2018「劇場版コード・ブルー –ドクターヘリ緊急救命-」製作委員会[写真拡大]

写真の拡大

 7月27日に封切られ、9月11日までの公開47日間で、観客動員670万人、興行収入86億円を突破する大ヒットとなっている『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』。このヒットを記念し、エンドロールの祝福メッセージ映像が、本編未公開映像を含む完全版として解禁された。

 ・『コード・ブルー』は15年ぶりの100億円超えとなるか!? 夏映画興収を総括する

 本作は、2008年に連続ドラマとしてスタートした『コード・ブルー』シリーズの劇場版。成田国際空港と東京湾・海ほたるで起きた未曾有の大事故に立ち向かうフライトドクターチームの活躍を描く。

 大規模災害といった映画ならではの迫力ある映像や音に加え、 “仲間との絆”、“親子の絆”、“恋人との絆”といった『コード・ブルー』らしい「人との絆」を紡いだストーリーが多くの人々の涙を誘った。

 その中でも、印象的なシーンの1つが、冴島(比嘉愛未)と藤川(浅利陽介)の結婚式のシーン。シリーズを通して、多くの困難を乗り越え、本作でようやく結婚式を迎えた2人。エンドロールには、そんな2人への仲間からの祝福のメッセージが流され、「最後の最後まで楽しめる!」「エンドロールでも泣ける!」「エンドロールを見に、もう一度映画館行ってくる!」などと好評を博していた。

 そんな映像が、何度も劇場に足を運び、本作のヒットを支えてくれた観客への御礼として、ついに解禁された。映画本編ではカットされていたコメントもじっくりと堪能することのできる、この「エンドロール映像完全版」は本日9月12日より映画公式サイトにて公開中だ。
http://codeblue-movie.com/

【関連記事】

 山下智久、新垣結衣らが浴衣で登壇。ガッキー、美白の秘けつ語る
山下智久&新垣結衣『劇場版コード・ブルー』初日に仲間への熱い思い語る!
山下智久、新垣結衣ら『コード・ブルー』チームが国内4都市を弾丸ツアー
山下智久、西日本の豪雨被災地にエール「痛みに少しでも寄り添えられるように」

関連キーワード成田国際空港比嘉愛未コード・ブルー

「映画」の写真ニュース

エンタメの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_news

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース