東京国際映画祭「オープニング」「GALAスクリーニング」「クロージング」作品決定

2018年9月12日 11:33

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

第31回東京国際映画祭の顔となる「オープニング作品」「GALAスクリーニング作品」「クロージング作品」に、それぞれ『アリー/スター誕生』『人魚の眠る家』『GODZILLA 星を喰う者』が選ばれたことが発表された。写真:『アリー/スター誕生』(12月21日公開) (C) 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

第31回東京国際映画祭の顔となる「オープニング作品」「GALAスクリーニング作品」「クロージング作品」に、それぞれ『アリー/スター誕生』『人魚の眠る家』『GODZILLA 星を喰う者』が選ばれたことが発表された。写真:『アリー/スター誕生』(12月21日公開) (C) 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC[写真拡大]

写真の拡大

 第31回東京国際映画祭の顔となる「オープニング作品」「GALAスクリーニング作品」「クロージング作品」に、それぞれ『アリー/スター誕生』『人魚の眠る家』『GODZILLA 星を喰う者』が選ばれたことが発表された。

 ・[動画]『アリー/スター誕生』予告編

 オープニング作品に選ばれた『アリー/スター誕生』は、レディー・ガガ主演、ブラッドリー・クーパー主演・監督作。1937年の『スタア誕生』を皮切りに、これまでに何度も映画化されてきた普遍的なストーリーを、最高のキャスト・スタッフによって映画化。世界的歌姫ガガが、スターになることを夢見る主人公のアリー役を演じ、クーパーがアリーの才能を見出すロックスターのジャクソン役に扮する。ガガは本作が映画初主演、クーパーは本作で監督デビューとなる。

 GALAスクリーニング作品は、東野圭吾作家デビュー30周年を記念して書かれたベストセラー小説を堤幸彦監督の手によって映画化した『人魚の眠る家』。篠原涼子と西島秀俊が夫婦役で映画初共演し、愛するわが子の悲劇に直面し、究極の選択を迫られた夫婦の運命描く、心揺さぶるヒューマンミステリーだ。ちなみに、GALAスクリーニングとは、オープニング、クロージング作品に並ぶ上映で、映画祭期間中のハイライトとして、観客および世界に注目してほしい作品をセレクトしたもの。今年新設された部門だ。

 クロージング作品には、アニメーション映画『GODZILLA』3部作の最終章『GODZILLA 星を喰う者』。ゴジラ映画史上初の3DCGアニメーション作品である第1章『GODZILLA 怪獣惑星』、〈メカゴジラ〉の新解釈で観客を圧倒した第2章『GODZILLA 決戦機動増殖都市』。最終章を迎えた本作『GODZILLA 星を喰う者』では、超科学が生み出した〈メカゴジラシティ〉をも焼き尽くし、地上の覇者となった究極の生命〈ゴジラ・アース〉と高次元怪獣〈ギドラ〉がついに激突。宮野真守、櫻井孝宏、花澤香菜ら人気・実力を兼ね備えた声優陣が声を担当している。

 洋画、邦画、アニメーションから1本ずつ映画祭の顔となる話題作が揃った今年の東京国際映画祭は10月25日〜11月3日に開催される。

【関連記事】

 レディー・ガガとブラッドリー・クーパーがトロント映画祭レッドカーペットに
[動画]『人魚の眠る家』特報
篠原涼子×西島秀俊『人魚の眠る家』第1弾ビジュアル&追加キャスト発表
『GODZILLA 決戦機動増殖都市』宮野真守インタビュー

関連キーワード櫻井孝宏東京国際映画祭宮野真守西島秀俊レディー・ガガ東野圭吾花澤香菜人魚の眠る家篠原涼子

「映画」の写真ニュース

エンタメの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_news

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース