Microsoft「Azure」の米中南部リージョン、電源トラブルでシャットダウン

2018年9月11日 14:33

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Microsoft Azureの米国中南部(South Central US)リージョンでシステム障害が発生し、一部のサービスが長時間停止する事態になっていたという、原因は落雷によるデータセンターの電源トラブルだそうで、これによってデータセンター内の冷却システムにトラブルが発生、ハードウェアのシャットダウンが発生した模様(PublicKeyZDNet)。

 このトラブルによって同リージョンで提供されているすべてのサービスに影響が出たほか、Azure Active DirectoryやAzure Bot Service、Azure Resource Managerにも影響が出た模様。Office 365にも影響が出たという話もある。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | クラウド | IT

 関連ストーリー:
Microsoft Azureの東日本データセンターで障害、空冷システムへの電源供給の不具合が原因 2017年04月06日
先週発生したGitHubの障害、発端はデータセンターの電源設備トラブル 2016年02月01日
GMOで発生したデータセンター障害、電源設備の不具合で約12%の電源喪失 2016年01月26日
GMOのデータセンターで障害発生、複数のサービスが1日近くダウン 2016年01月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftAzure

広告

写真で見るニュース

  • WAKAZEの定番商品ラインナップ(画像: WAKAZEの発表資料より)
  • 土星探査機カッシーニが明らかにしたタイタン北半球の海や湖 (c) NASA/JPL-Caltech/Univ. Arizona/Univ. Idaho
  • 「十勝産とうきびのスープ」(写真:ローソンの発表資料より)
  • スタイラスペン「SonarPen」(画像: Makuakeより)
  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース