Microsoft「Azure」の米中南部リージョン、電源トラブルでシャットダウン

2018年9月11日 14:33

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Microsoft Azureの米国中南部(South Central US)リージョンでシステム障害が発生し、一部のサービスが長時間停止する事態になっていたという、原因は落雷によるデータセンターの電源トラブルだそうで、これによってデータセンター内の冷却システムにトラブルが発生、ハードウェアのシャットダウンが発生した模様(PublicKeyZDNet)。

 このトラブルによって同リージョンで提供されているすべてのサービスに影響が出たほか、Azure Active DirectoryやAzure Bot Service、Azure Resource Managerにも影響が出た模様。Office 365にも影響が出たという話もある。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | クラウド | IT

 関連ストーリー:
Microsoft Azureの東日本データセンターで障害、空冷システムへの電源供給の不具合が原因 2017年04月06日
先週発生したGitHubの障害、発端はデータセンターの電源設備トラブル 2016年02月01日
GMOで発生したデータセンター障害、電源設備の不具合で約12%の電源喪失 2016年01月26日
GMOのデータセンターで障害発生、複数のサービスが1日近くダウン 2016年01月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftAzure

「テクノロジー・サイエンスの話題」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース