日産セレナ、全車に「e-POWER」搭載車と同等の安全装備を標準化

2018年9月10日 08:59

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

安全装備、安全運転サポートシステムを充実させた日産のベストセラー・ミニバン「セレナ」、写真はハイウェイスターVセレクションⅡ(2WD)、価格は287万4960円

安全装備、安全運転サポートシステムを充実させた日産のベストセラー・ミニバン「セレナ」、写真はハイウェイスターVセレクションⅡ(2WD)、価格は287万4960円[写真拡大]

写真の拡大

 日産のベストセラー・ミニバン「セレナ」がマイナーチェンジを受けた。セレナは、2016年8月の発売以降、ミニバンとしての高い基本性能や装備と共に、高速道路同一車線自動運転技術「プロパイロット」を中心に高い評価を得てきた。

【こちらも】日産ジューク、NISMOスタイルの新グレード追加

 2018年3月にはシリーズ型ハイブリッドシステム「e-POWER」搭載車の追加により、さらに高い支持を集め、2018年上半期(2018年1月-6月累計)の国内販売でミニバンNO.1を獲得した。

 今回のマイナーチェンジおよび仕様向上は、「e-POWER」搭載車以外のS-HYBRID車およびガソリン車において安全装備の充実を図ったことが大きなポイント。つまり、「e-POWER」車に標準設定している安全装備を標準仕様としたことになる。具体的には「ハイビームアシスト」をS-HYBRID車およびガソリン車へ拡大設定。加えて、最高速度標識検知および一時停止標識検知機能を追加し、標識検知機能を向上させた。

 また、アクセルペダルとブレーキペダルの踏み間違いによる衝突防止を支援する「踏み間違い衝突防止アシスト」も「e-POWER」搭載車と同様に、前方の歩行者検知が可能な仕様に機能をアップさせた。

 また今回、新たに「X」および「ハイウェイスター」グレードに設定する「VセレクションⅡ」は、両側「ワンタッチオートスライドドア」など使い勝手の良い便利な人気アイテムを装備した従来の「Vセレクション」をベースに、前述の安全装備を装備しつつ、リーズナブルな価格設定とした。

 これら各種の先進安全技術の充実によりセレナは、経済産業省や国土交通省などが普及啓発をしている、安全運転サポート車「セーフティ・サポートカーS(サポカーS)」のワイドに対応した。なお、今回の仕様向上に併せ、「セレナNISMO」においても、基準車と同様にハイビームアシストを標準化するなど、各種先進安全装備の充実を図った。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
日産、北海道胆振東部地震には間に合わなかったが、災害時電気自動車から電力供給に関する協定、練馬区と締結
日産ジュークにスポーツグレード「15RX VセレクションStyle NISMO」追加
日産、中国で専用EV「シルフィ ゼロ・エミッション」の生産を開始
日本自動車大手、北米から中国市場へ、大きくステアリングを切りはじめる
7月新車販売に異変、トヨタ・プリウスが“ベスト10”から陥落

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード自動運転日産自動車セレナミニバン

「自動車・バイク新製品」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース