トヨタ、新型カローラのステーションワゴン「カローラ・ツーリングスポーツ」

2018年9月9日 16:02

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

パリモーターショー 2018」で新型カローラのステーションワゴンバージョン「カローラ・ツーリングスポーツ」(Toyota Corolla Touring Sports)をワールドプレミアする。

パリモーターショー 2018」で新型カローラのステーションワゴンバージョン「カローラ・ツーリングスポーツ」(Toyota Corolla Touring Sports)をワールドプレミアする。[写真拡大]

写真の拡大

 欧州トヨタ(トヨタモーター・ヨーロッパ)の発表によると、10月にフランスで開催される120周年を迎える「パリモーターショー 2018」で新型カローラのステーションワゴンバージョン「カローラ・ツーリングスポーツ」(Toyota Corolla Touring Sports)をワールドプレミアする。「パリモーターショー 2018」は、10月2日プレスデー、10月4日から14日まで一般公開となる。

【こちらも】カローラに新搭載のiMT、欧州向けでは2015年から搭載

 発表によると、欧州市場で「オーリス」の車名を廃止、「カローラ」に統合。「カローラ・ツーリングスポーツ」が「オーリス・ツーリングスポーツ」の後継モデルとなる。

 ツーリングスポーツは先般発売された5ドアHB「カローラ・スポーツ」のホイールベースをカローラ スポーツの2640mmから60mm延長の2700mmとしたワゴンバージョンとしたモデルだ。

 欧州で開発が進められた、新型カローラ・ツーリングスポーツが搭載するパワーユニットは、1.2リッターターボエンジン(116HP)、そして1.8リッター(122HP)または2リッター(180HP)のハイブリッドシステムとなる。

 カローラ・スポーツのサスペンションは、フロントがマクファーソンストラット式、リアがダブルウィッシュボーン式なのに対し、カローラ・ツーリングスポーツではリアに新開発のマルチリンク式を採用した。

 また、TNGA(Toyota New Global Architecture)のGA-Cプラットフォーム採用によりエンジンの取り付け位置やシートのヒップポイントが低く、後席下にハイブリッドバッテリーを搭載して低重心が実現したという。

 今回の「カローラ・ツーリングスポーツ」の発売で、最新のハイブリッド技術を搭載したカローラ・シリーズのラインアップが充実。残るセダンの発表が待ち遠しい。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
7月新車販売に異変、トヨタ・プリウスが“ベスト10”から陥落
カローラに新搭載となったiMT、実は欧州向けに2015年から搭載していた
トヨタと豊田市、“つながるクルマ”を活用した道路保守点検の実証実験
日産「e-POWER」炸裂、2018上半期新車販売、首位は48年ぶり日産車
“つながるクルマ”本格普及、トヨタ新型クラウン、新型カローラから

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードトヨタ自動車ハイブリッド車カローラTNGA

「自動車・バイク新製品」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース