キヤノン、フルフレームミラーレス一眼カメラ「EOS R」を正式発表

2018年9月8日 12:26

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

maia曰く、 9月5日、キヤノンのフルフレーム(フルサイズ)ミラーレスEOS Rが発表された(キヤノン価格.comマガジン)。

 マウントは新型のRFだが(EF Mレンズ使用不可)、口径は54mmで変わらない。フランジバックは20mmらしい(デジカメWatch)。有効3030万画素、ローパスフィルタあり、ボディ内手振れ補正なし(レンズ側対応で5段ある)、バリアングル液晶、SDカードと、キヤノンらしい個性を発揮?している。

 -6EVまでAF可能は凄いかも。防塵防滴あり、シャッター耐久性は約20万回。連写はワンショットAFで秒8コマ、サーボAFで秒5コマ。バッテリーは通常370コマ。重さは他社と殆ど横並びで、価格はニコンZ6より若干安いか同等。レンズはなかなか高価。ラインアップもまだまだなので、EF対応レンズの出番が多そうだ。9月12日10時より予約受付、10月下旬より発売。

 なお9月25日にはPanasonicのフルフレームミラーレスが発表されるらしい。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア

 関連ストーリー:
キヤノンのフィルム一眼レフカメラ、残っていた最後の製品が販売終了に 2018年05月31日
ニコン、MFフィルム一眼レフ・MFレンズのメンテナンスを期間限定で受付へ 2017年12月13日
カメラ市場の縮小傾向は続くのか 2015年02月07日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードキヤノン一眼レフカメラミラーレスデジカメニコン

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
  • 初日の出のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース