女王のフンを食べると赤ちゃんの「世話役」になるネズミ アフリカで

2018年9月7日 19:10

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 アフリカに生息する「ハダカデバネズミ」は、女王の糞を食べたメスが赤ちゃんの「世話役」になるという性質があるそうだ(朝日新聞)。

 ハダカデバネズミは地下に巣穴を掘って群れで暮らすという性質があり、群れには赤ちゃんを産む女王1匹と数匹のオス、赤ちゃんは産まないメスの「働きネズミ」がいるそうだ。このうち、「働きネズミ」の一部が糞を食べると世話係に変わるという。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 変なモノ | サイエンス

 関連ストーリー:
同じ群れに属するライオンの雌は一斉に発情期を迎える 2016年08月29日
肥満者から糞便移植を受けた女性、急激に体重が増加 2015年02月10日
家畜化したネコはヤマネコと何が違う? 2014年11月14日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアフリカ

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
  • 初日の出のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース