「見て盗め」と「手取り足取り」の使い分け

2018年9月7日 16:51

小

中

大

印刷

 部下や後輩に仕事を教えようとするとき、特に中小企業では、実際の業務を通じたOJTでおこなうことがほとんどだと思います。研修制度が整っていないこともあるでしょうが、実務を通じて教えた方が手っ取り早いですし、そもそも仕事が教えられるレベルの人材は、現場では当然中心的な役割であり、それは一部の人に限られます。あまり手間がかけられないのは仕方がありません。

 こういう中で、「仕事は見て盗め」「教えてもらえないのが当たり前」などという人がいます。自分はそうやって仕事を覚えてきたという自負がある人ほど、こういう言い方をします。
 ここまでではなくても、例えば「何かあったら質問しなさい」などといっていることが数多くありますが、これも遠回しの「見て盗め」の一種です。
 仕事を教わる側からの発信にすべてを委ねてしまうと、「何かあったら」は、「今何かあったのか、なかったのかがわからない」など、そもそもの判断基準がなかったりしますし、「もうすでに教わったことかも」「相手が忙しそう」「こんなこと聞いたら迷惑では」など、躊躇することがたくさんあります。

 躊躇というのは余分な時間を要することなので、効率的に仕事が身についているとは言えない状態です。反復して数をこなさなければ覚えられないことであれば、質問が常に出てくるわけではありませんから、相手に委ねる部分が多くても大丈夫かもしれませんが、よほど職人的な手作業でもない限り、やはり教える側から相手の様子を観察し、こちらから働きかけることが必要でしょう。

 これに対して、何でもつきっきりで教える「手取り足取り」の人がいます。よく言えば面倒見が良い、反面では自主性を奪っているともいえますが、こういう人の問題は「すぐに答えを教えてしまうこと」です。場合によっては「こちらでやっておくから」などといって、仕事を取り上げてしまうこともあります。
 多くの場合、教える側はただの親切心で、それが良かれと思ってやっていますが、特に知識を積み上げなければならないような仕事では、教わる側が自分で考える機会を奪われますから、こちらも仕事の習得、習熟が遅れます。

 こんなことから、「見て盗め」と「手取り足取り」は、場面に応じた使い分けが必要ということになります。
 「見て盗め」は意図をもって考えさせるのであればよいですが、行き過ぎると「放置」になります。「手取り足取り」は、こちらも基本を細かく教えるなどの意図があればよいですが、同じく行き過ぎると「過干渉」となります。

 こう考えると、「放置」でも「過干渉」でもない間でバランスを取りながら、意図をもって使い分けるのが正解ということになります。相手の性格や能力も考慮しなければなりません。

 気をつけなければならないのは、自分が過去に受けてきた育成方法が、必ずしもいい訳ではないということです。もしもそれがその人の成功体験であった場合は、なおさらそのやり方に偏っていきます。
 相手の性格や能力に合わない指導が、一方的に継続されることは避けなければなりません。自分のやり方にこだわらない柔軟さが必要です。

 最近、アスリート指導の場で、監督やコーチによる暴力が問題になっていますが、これも根は同じことです。過去に自分がそういう指導を受けてきて、そのおかげで強くなったなどの自負があれば、自分の体験と同じような指導方法を繰り返します。その引き出しだけしかなくなってしまうのです。

 「見て盗め」と「手取り足取り」の使い分けもそうですが、人材育成においては、自分がうまくいったと思っている成功体験がある人ほど、本当にそれで良いのかと問いかける必要があるのではないでしょうか。

※この記事は「会社と社員を円満につなげる人事の話」からの転載となります。元記事はこちら

著者プロフィール

小笠原 隆夫

小笠原 隆夫(おがさわら・たかお) ユニティ・サポート代表

ユニティ・サポート 代表・人事コンサルタント・経営士
BIP株式会社 取締役

IT企業にて開発SE・リーダー職を務めた後、同社内で新卒及び中途の採用活動、数次にわたる人事制度構築と運用、各種社内研修の企画と実施、その他人事関連業務全般、人事マネージャー職に従事する。2度のM&Aを経験し、人事部門責任者として人事関連制度や組織関連の統合実務と折衝を担当。2007年2月に「ユニティ・サポート」を設立し、同代表。

以降、人事コンサルタントとして、中堅・中小企業(数十名~1000名規模程度まで)を中心に、豊富な人事実務経験、管理者経験を元に、組織特性を見据えた人事制度策定、採用活動支援、人材開発施策、人事戦略作りやCHO(最高人事責任者)業務の支援など、人事や組織の課題解決・改善に向けたコンサルティングを様々な企業に対して実施中。パートナー、サポーターとして、クライアントと協働することを信条とする。

会社URL http://www.unity-support.com/index.html

記事の先頭に戻る

関連キーワード中小企業

「仕事術」の写真ニュース

経営・ビジネスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_mgt

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース