4K/8K衛星放送、コピープロテクトとしてAACS2の採用が決定

2018年9月5日 19:57

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 今年12月より開始される4K/8K衛星放送(BS/110度CS 4K8K放送)では、コピープロテクトとしてAACS2が採用されるそうだ(AV Watchプレスリリース)。

 AACS2は4K対応のUltra HD Blu-rayなどでも採用されている(PHILE WEB)。これにより、4K/8K放送をBD-R/REに記録することが可能になるという。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | テレビ | DRM | YRO

 関連ストーリー:
4K放送はひとまず録画可能に 2018年03月27日
4K/8K放送で導入されるACASチップ、消費者へのコスト転嫁が批判される 2018年01月22日
4K/8K放送開始に向けて既存BS放送の解像度が削減される 2018年01月17日
家庭用テレビで8Kの意味はあるのか 2017年09月21日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード4KBlu-ray8K

広告

広告

写真で見るニュース

  • プロキシマケンタウリを周回するプロキシマケンタウリbのイメージ図。(c) ESO/M. Kornmesser
  • 黄金チーズと贅沢4種ハムのピザ。(画像:フォーシーズ発表資料より)
  • 「マツダ ロードスター RF」(画像: マツダの発表資料より)
  • 日野セレガ スーパーハイデッカ。(画像:日野自動車発表資料より)
  • ボーイング777F型機(画像: 全日本空輸の発表資料より)
  • 「LIVE QR(ライブ・キューアール)」の画面イメージ。(画像: ボードウォークの発表資料より)
  • 2012年8月31日に起こったコロナ質量放出の様子。(c) NASA's Goddard Space Flight Center
 

広告

ピックアップ 注目ニュース