米Yahoo Mail、利用者のメールをスキャンし統計情報を販売

2018年9月4日 22:46

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 現在米YahooはVerizon傘下のOath社によって運営されているが、同社は無料メールサービス(Yahoo Mail)利用者が受信したメールをスキャンして分析し、広告主に販売しているという(WSJAndroid CommunitySlashdot)。

 Yahoo Mailのアカウント数は2億以上とされており、メール受信箱の内容を分析することで人々が興味を持っている商品や購入している商品の情報を得て、それをマーケティング目的で販売しているという。さらにYahoo MailだけでなくAOLでもこういった手法が導入されているそうだ。

 ユーザーは設定によってこういったメールのスキャンを停止できるが、あまりそのことは知られていないという。また、Yahoo Mailには月額3.49ドルの有料サービスもあるが、このサービスを利用した場合でもデフォルトではメールのスキャンは行われるそうだ。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | 広告 | プライバシ

 関連ストーリー:
Google、サードパーティアプリ開発者がユーザーのGmailを読めることを否定せず 2018年07月06日
GoogleはGmail内のメール読み取りを止めてはいない 2018年05月19日
Gmail、メール内容に合わせた広告の表示を廃止へ 2017年06月25日
米Yahooが米当局の要請で全利用者の受信メールを監視していたと報じられる 2016年10月08日
ベライゾンが米ヤフーを買収すると報じられる 2016年07月25日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAndroid

「セキュリティ・プライバシー」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース