出版物輸送事業者、大半が撤退を検討か

2018年9月3日 22:30

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 東京都トラック協会によるアンケートで、出版物輸送を手がける輸送事業者の大半が「出版物輸送で経営が成り立っていない」と答えており、うち半数が今後の撤退も視野に入れているという(カーゴニュース)。

 出版物の輸送については発売日に間に合わせるために納期が厳しいいっぽうで単価は安いという。昨今の雑誌の売上減少によって輸送事業者の取り扱い量は減っているが、逆にコンビニエンスストアなど納品先は拡大しており、従来の運賃では採算が取れないという状況のようだ。

 スラドのコメントを読む | 日本 | ビジネス | 書籍

 関連ストーリー:
KADOKAWA、取次を経由せずに迅速に書店へ書籍を配送する動きを進める 2018年07月23日
書店がない自治体・行政区が増加中 2017年08月28日
雑誌の売り上げが書籍の売り上げを下回る、32年ぶり 2016年06月03日
「直取引」で書店は生き残れるか 2016年02月22日
出版取次「大洋社」の自主廃業、中小書店に打撃 2016年02月15日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード東京都

「運輸・物流・鉄道」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース