JR西の「昼間特割きっぷ」、9月末で廃止に

2018年9月3日 22:36

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 JR西日本の「昼間特割きっぷ」が、9月30日で販売終了となる。

 関西JR駅周辺でお馴染みの、金券ショップ系切符自動販売機群も淘汰か。

 時間特割きっぷは利用可能な時間帯が限られている回数券型の乗車券で、割引率が高いため人気だった(産経新聞乗りものニュース)。

 昼間特割きっぷの代替としては、IC乗車券「ICOCA」を特定時間帯・特定区間で利用した際にポイントを付与する「ICOCAポイント」が10月1日より提供される(ITmedia)。

 スラドのコメントを読む | 交通

 関連ストーリー:
JR北海道、 一部エリアで「スマホ定期券」開始 2018年01月19日
JR東海の東海道山陽新幹線チケットレス乗車サービス「スマートEX」がいよいよ開始 2017年08月30日
みなとみらい線、折り返し乗車防止運動を展開。悪質不正乗車には増運賃を請求 2017年05月19日
鉄道の日記念「秋の乗り放題パス」発売中 2016年10月05日
JR東海の自動精算機でエリアをまたいだ精算の場合計算間違いが発生する不具合 2016年05月28日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードJR西日本ICOCA

「運輸・物流・鉄道」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース