三菱自動車「4WD登坂キット体験イベント」参加者10万人を突破

2018年9月3日 21:59

小

中

大

印刷

10万人突破セレモニーの様子。(画像: 三菱自動車工業)

10万人突破セレモニーの様子。(画像: 三菱自動車工業)[写真拡大]

写真の拡大

  • 最大傾斜45度の急坂登坂走行。(画像: 三菱自動車工業)
  • エクリプスクロス
  • デリカD:5
  • パジェロ

■すでに10万人が体験!

 斜度45度という尋常ではない坂を、4WD車で走行するという体験イベントをご存知だろうか?それは、三菱自動車が主催する「4WD登坂キット体験イベント」である。頼まれても遠慮したくなるに違いないこの体験イベントの参加者が、10万人を突破した。

【こちらも】三菱自動車が全世界のディーラーの内外装を一新

 三菱自動車は3日、同社の4WD性能をアピールするために、全国で実施してきた「4WD登坂キット体験イベント」の参加者が、2018年9月1日に開催した「スターキャンプ2018 in 吹上高原」(宮城県大崎市)で、累計10万人を突破したことを発表した。


■三菱車と4WDの実力を体で実感できる

 この「4WD登坂キット体験イベント」は、アウトドアにおける過酷な路面状況をイメージした様々な走行キットを用いて、同社の4WD車の特徴である低回転域から発揮するビッグトルクや高いボディ剛性、大きなグランドクリアランスなどによる高い走行性能を、参加者に同乗体験してもらうものだ。日頃遭遇することのない走行環境でも、三菱車が安心して乗れることを、体で感じてもらうことを目的としている。

■ほぼ直立!最大傾斜45度

 イベントで最も人気のあるのが、冒頭の最大傾斜45度の急坂登坂走行で、その他、20度の斜面を横切るキャンバー走行、高さ約40cmの凸凹を走行するモーグル走行、岩場をイメージした階段昇降走行などが可能となっている。最大傾斜45度の急坂登坂走行では、特別に仕立てられた車両に、45度の傾斜を付けた鉄製のレールがひかれ、その様子はまるであと一押しでひっくり返りそうなくらい。ほぼ直立しているように見えるため、同乗している体験者は空しか見えないに違いない。

■リアルな恐怖体験は今後も日本全国で

 現在は、ラリードライバーの増岡浩氏のほか、プロドライバーの運転により、三菱自動車の誇る四輪駆動車である「デリカ D:5」「エクリプスクロス」「パジェロ」を使用して実施。遊園地の絶叫アトラクションよりもリアルな恐怖体験の列に、並ぶ人が絶えないという。

 「4WD登坂キット体験イベント」は今後も全国各地で行われる予定であり、WEBサイトから予定は確認できる。ちなみに関東地方では、9月15日(土)に千葉県野田三菱自動車販売の本社、9月16日(日)には千葉県総武三菱自動車販売の京葉自動車教習所にて行われる。(田中秀雄)

関連キーワード三菱自動車

「自動車・二輪車・部品」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース