NASA宇宙飛行士候補、一身上の都合で退職 候補者の退職は50年ぶり

2018年9月1日 23:36

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless曰く、 1968年以来初めて、NASAの宇宙飛行士候補が正式な宇宙飛行士になる前に退職するそうだ(Houston ChronicleSlashGearArs Technica)。

 退職する宇宙飛行士候補のロブ・キュリン氏は、アラスカ州アンカレッジ出身。SpaceXのフライト信頼性シニアマネージャーを務めたのち、2017年に応募者18,300人の中から12人の宇宙飛行士候補の1人に選ばれた。キュリン氏は一身上の都合で、8月31日にNASAを退職するとのこと。

 1968年にNASAを退職した宇宙飛行士候補は、化学者のジョン・ルウェリン氏(故人)。ルウェリン氏の場合、空軍でのトレーニングでパイロットに向かないことに気付き、大学に戻ることを決意したそうだ。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | サイエンス | 宇宙 | NASA

 関連ストーリー:
米民間宇宙船によるISSのクルー交代ミッション、最悪2020年8月まで遅れる可能性も 2018年07月16日
1970年代に観測された月の温度上昇は宇宙飛行士の活動が原因の可能性 2018年06月19日
NASAのスコット・ケリー宇宙飛行士、長期の宇宙滞在で遺伝子そのものが変化したわけではない 2018年03月17日
国際宇宙ステーションの身体計測で金井宇宙飛行士の身長に大きな誤差が出た理由 2018年01月13日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードNASASpaceX

「宇宙技術・天体」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース