レクサス、マイナーチェンジの「RC」を世界初公開

2018年9月1日 17:31

小

中

大

印刷

LEXUS RC300h(プロトタイプ)。(画像:トヨタ自動車発表資料より)

LEXUS RC300h(プロトタイプ)。(画像:トヨタ自動車発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • LEXUS RC300h
  • インテリア
  • LEXUS RC350
  • LEXUS RC350

 トヨタは、LUXUS(レクサス)のスポーツクーペ「RC」をマイナーチェンジし、世界初公開した。今後、フランスのパリで10月2日から14日まで開かれるパリ・モーターショーに出展する予定。日本での発売は、2018年10月下旬を予定している。

【こちらも】レクサス、国内販売50万台記念し特別仕様車「Black Sequence」 6車種に

 RCは、2014年に発売されたモデルである。まだフルモデルチェンジは行われておらず、発売以来クーペならではのデザインと走りへの情熱を駆りたてる走行性能を兼ね備えたモデルとして、LEXUSのイメージのけん引役の1つとなってきた。

 新型RCは、フラッグシップクーペ「LC」で培った新世代LEXUSのデザインと走りを継承し、より魅力的なクーペに進化する事を目標として開発された。独創的なスポーティさはそのままに、エレガントなエクステリアデザインを両立させている。RCが特長とするクーペらしいプロポーションを活かしつつ、エレガントなデザインを目指し、具体的にはヘッドランプから伸びるバンパーコーナーの造形や、メッシュパターンのスピンドルグリルなどに特徴的なデザインを採用している。

 また、LEXUSならではの高い質感や快適性を持ち、運転の楽しさを際立たせるインテリアを導入している。ヒーターコントロールパネルとオーディオパネルは質感の高いヘアライン調に変更され、上質な空間を実現している。

 内装色はLCから継承されたオーカーのほか、ブラックの表皮にイエローをアクセントとしてきかせた新規色「ブラック&アクセントマスタードイエロー」などのF SPORT専用色を含め、全7色が設定されている。

 LCの「より鋭くより優雅な」走りを継承するべく、空力性能、タイヤ、サスペンションなどの主要部品にも改良を施しているほか、エンジンの特性やステアリングフィールと言った細部にも作り込みを行っている。(藤沢文太)

関連キーワードトヨタレクサス(LEXUS)

「自動車・バイク新製品」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース