パスワード、記号を含むことよりも長くすることが重要

2018年8月29日 11:16

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 JPCERT/CCが行っているSTOP! パスワード使い回し!キャンペーン2018では、パスワード使い回しの危険性とともに「安全なパスワードの条件」も提示されている。この条件として「パスワードに記号を使う」ことを必須としていないことが方針転換だと話題になっている

 提示されている「安全なパスワードの条件」は次の通り。

 パスワードの文字列は、長めにする(12文字以上を推奨) 
 インターネットサービスで利用できる様々な文字種(大小英字、数字、記号)を組み合わせると、より強固になる 
 推測されやすい単語、生年月日、数字、キーボードの配列順などの単純な文字の並びやログインIDは避ける 
 他のサービスで使用しているパスワードは使用しない この理由についても説明されており、結局のところ記号を使って覚えやすさを損なうよりは、単純に文字数を増やした方がパスワード強度が高くなるということだそうだ。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ

 関連ストーリー:
北洋銀行、Webサービスでキャッシュカードの暗証番号の入力を求める 2018年08月10日
Twitterアカウント乗っ取り犯、被害者に「パスワードマネージャーと2要素認証を使え」と指導 2018年08月08日
産総研が不正アクセス被害の調査報告書を公開、2要素認証はやはり効果的 2018年08月03日
不倫サイトから流出したパスワードの解析が進む、罪悪感や言い訳のようなフレーズも多数 2015年09月18日
Hotmailのパスワードは先頭16文字だけが認証に使われる 2012年09月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードパスワード

「セキュリティ・プライバシー」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース