スマホ監視アプリSpyFone、取得データがネットで誰でもアクセス可能な状態に

2018年8月29日 11:33

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 子供や従業員などのスマートフォン利用状況を監視するアプリ「SpyFone」で収集されたデータが、ネット上で誰もがアクセスできる状態で公開されていたという(GIGAZINEMOTHERBOARD)。

 このデータはAmazonのストレージサービス「S3」上にアップロードされていたもの。これを発見した研究者によると、このデータが実際にダウンロードできることや、少なくとも2208件の利用者のデータが格納されていたことが確認できたそうだ。このデータにはスマートフォン内の写真やテキストメッセージ、音声録音、連絡先、位置情報などが含まれていたという。

 スラドのコメントを読む | モバイルセクション | セキュリティ | 携帯電話 | 情報漏洩 | プライバシ

 関連ストーリー:
個人を監視している企業はFacebookだけではない 2018年04月04日
大学の講義出欠確認用スマホアプリが話題に、GPSで学生を追跡している? 2018年01月02日
米コムキャスト、職場監視用のビデオカメラサービス開始 2017年03月30日
千葉県柏市、スマートフォン向け監視アプリを中学生の保護者に無償配布する実験を開始 2016年04月04日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「ホカロン ルナ」(画像: ロッテの発表資料より)
  • 2018年4月25日に公開された詳細な銀河系の立体地図 (c) ESA
  • ブランチ札幌月寒のイメージ(画像: 大和リース発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース