ワープロ専用機の拡大処理を再現したフォント「ワープロ明朝」公開

2018年8月28日 23:35

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 「1980年代〜90年代初めのワープロ専用機」の拡大処理を再現したフォント「ワープロ明朝」が公開された

 ワープロ専用機の多くではビットマップフォントが使われており、拡大時には独自の補間処理が行われていたために独特な見た目になっていた。「ワープロ明朝」はビットマップフォント「jiskan24」をベースにワープロの補間処理を再現した処理を行なったもの。当時のワープロで印刷したかのような表示が可能になっているという。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 変なモノ | IT

 関連ストーリー:
現在も業務で使用している最も古いテクノロジーは? 2015年07月25日
PC-9801やJW-10が「情報処理技術遺産」に認定 2009年02月24日
日本初のワープロを手がけた森健一氏が文化功労者に選ばれる 2006年10月29日
東芝が日本語ワープロのサポート終了 2006年02月21日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
  • 初日の出のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース