HuaweiとZTE製品、日本政府も政府機関での利用禁止を検討中か

2018年8月28日 10:23

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 中国通信機器大手の華為技術(Huawei)および中興通訊(ZTE)に対しては、中国政府とのつながりや製品にバックドアが仕込まれているのではないかという疑惑が出ているが、これを受けて日本政府が情報システム導入時の入札から除外する方針を決めたようだ(産経新聞)。

 両社に対しては先日、米国でも政府機関内での製品採用を禁ずる法律が成立、また豪州でも、5G網整備計画への入札を禁止されたことが伝えられるなど、世界的に中華系メーカーにインフラを握られることへの警戒、排除の機運が高まっている模様。

 豪州の決定に対しては中国政府が「豪政府がイデオロギー的な偏見を捨て、中国の企業に対しても公平な競争環境が与えられるようになることを望む」とコメントを出しているが、これには「お前がそれを言うか」と思う人が少なくないだろう。

 スラドのコメントを読む | 日本 | 通信 | 政府 | 中国

 関連ストーリー:
政府機関でのHuawei製品とZTE製品の使用を禁ずる2019年度米国防授権法が成立 2018年08月17日
米商務省、ZTEに対する輸出特権停止措置を解除 2018年07月15日
米商務省産業安全保障局、ZTEに対する輸出特権停止措置の一部を暫定的に緩和 2018年07月05日
トランプ大統領曰く、ZTEの輸出特権を停止するより制裁金を払わせる方がいい 2018年05月26日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国バックドアZTEファーウェイ(Huawei)

「セキュリティ・プライバシー」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース